どんぐりポケット高宮教室

どんぐりポケット高宮教室の情報をアップしていきます

〜それぞれの思い〜

この問題、数字が大きくて苦手だな、、、

げ、これ好かんやつやん、、、

んー、よく分からんけどやってみるー

これ、この前もやったけど解けんかったとよね。でも今日は解けるかもしれんけんやってみるわ

今日はお宝問題からやるわ

なんでもいいよー先生選んでー

簡単なやつがいいな〜

汽車の問題とかないん???

宝探し??面白そうやん‼︎‼︎それやる

 

私の教室では誰が(本人、保護者、私)問題を選んでもいいようにしてますが、ほとんどのお子さんは「先生選んで〜」と持ってきます

私がのんびり問題選びをしている時は唯一どんぐり以外の話をその子のためだけに時間が取れます

私はこの時間を大切にしていて、最近の出来事や調子を聞きます

ほんの少しの時間ではありますが、お子さんが抱える悩みをキャッチする貴重な時間なので1番神経を使っている部分でもありますね

学校でこんなことがあったとか、お母さんと喧嘩したとか、なんかモヤモヤしてる、今日は川行ってきたなど良くても悪くても何もなくてもだらだらと話せるこの時間が好きです

だって、私が問題を選んじゃったらどんぐりがスタートしちゃうから、、、

 

私にとっては大人も子どもも同じです

誰にでも背景があって必要なタイミングでどんな言葉をかけるのかがすごく大切で難しい

難しくても一人一人を分析してタイミングを見極めて言葉を選んで伝えていく

そしてその言葉がどうだったのかを自問自答

そしてまた観察して再アセスメントして分析〜の繰り返し

一人一人の成長と心の変化はスピードも大きさも一つとして同じものはないから面白い

通塾生だけでなく、通信や添削で関わらせてもらっている皆さんにも同じように全力を尽くしてます

それぞれの思いを丁寧に汲み取り続けられるようにアンテナの手入れを怠らずにいたいですな‼︎

気合十分で休憩を忘れがちなReiでもあるので、意識して休憩を取り入れていきます

まずは渓谷に行くことにしましょうかね ふふふ

福岡もやーっと夏休み

全力で駆け抜けようぜっ

f:id:donguripoketto:20200808004946j:image
f:id:donguripoketto:20200808005001j:image
f:id:donguripoketto:20200808005006j:image
f:id:donguripoketto:20200808004958j:image
f:id:donguripoketto:20200808004951j:image
f:id:donguripoketto:20200808004954j:image

 

f:id:donguripoketto:20200808100845p:image私の大切にしてる一人一人を個別化してみていることへの評価をしてくださっていて嬉しかったです

全国にはいろんな先生がいてそれぞれのカラーを持っています

通塾生として通えなくても通信をしている先生はたくさんいるので、気の合う先生ときっと出会えます

保護者の皆さん、お気軽にお声掛けくださいね

ーのほほんとー

お久しぶりでふ〜

福岡は梅雨が明けた途端に太陽燦々どころかガンガンの夏本番です

私の地域の小学生はまだ夏休みに入っておらず、下校時間は14:00〜15:00で暑い時間帯

暑かろう、、、

 

さてさて最近のマイブームのお話を少しします

最近のマイブームは"母の観察"です

どんぐりのお母さん達からよく母ってどんな人?って質問を受けるのでその謎を解明すべく観察をしています

自分達が子どもの時と今の母では多少の違いはあると思いますが観察観察〜

7月末から気合を入れて観察してますが、私にとってはいつも通りの母なので観察しても特徴的なことってなかなかないんですよね、、、

1つ分かったことは、母の基準が私の基準でもある部分があるので、掃除などは母のやり方でやってたりかな

畳の掃除機の掛け方とかキッチンの掃除の頻度(使ったらコンロも毎回拭き上げる)とか周りの友達には丁寧すぎると言われるけど、それが当たり前になっちゃいました

そして部屋を綺麗に片付けておくのは自分が過ごしやすいからだそうです

使ったものは元に戻す(これができないのは父だけです)

買い物に行ったら必ずと言っていいほどお土産がある(父が好きなおやつとか飲み物とか新商品とか)

私が料理を作る日には私が気に入ってるビールを買ってきてくれる

そのくらいですな、、、

なかなか母の観察は難しいです

分析なんて一生かかってもできないんだろうな

 

〜添削サービスの声〜

4月からスタートした添削サービスも4ヶ月が経過しました

ここで添削を受けた皆さんの声をご紹介します

お家にいる時間が長い8月になりそうですので、利用してみてはいかがでしょうか♫

 

【保護者の方の声】

・子どもが喜ぶかなと思って利用しました。ですが、私が救われました。丸つけだけでいいはずなのに、私の方がイライラしちゃったり声かけで悩むことが多かったのですが、添削をしてもらって安心してどしっと笑って過ごせてます。不思議だな〜と思います。

・私自身を見直して気をつけるポイントや肩の力を抜く必要性を気づかせてもらいました。

・たくさんの質問をして完璧な回答を求めてましたが、すべてを教えてくれるわけではないようです。今の私と子どもに必要なことをいくつか返信してくださったので、私にも考える時間をあえて作ってるのかと感じます。今思えば、それが良かったのかな??

・ヘビ君が可愛いくて、毎回の添削が楽しみです。ヘビ君のおかげで、分からん帳に入れること(間違うこと)での癇癪がほとんど無くなったのがビックリです。私が楽になりました。

・丸つけと添削の違いに大きな差があることに気がつきました。良かれと思ってやっていた添削は間違いだらけで、子どもに圧をかけていたようです。添削を先生に任せるだけで子どもの表情に違いがあったのは驚きでした。私は丸つけに徹しようと思います。

・知り合いから教えてもらった添削サービスを月に2回くらいのペースで利用させてもらってます。絵だけでここまで読み取られるとどんな人が添削してるのか気になります。なのでいつか福岡の教室に行ってみたいです。

・レオン君ってネズミじゃないんですね。丸くて大きな耳が好きです。

・レオン君からのお手紙や先生のコメントは子どもにとってすんなり受け入れられる言葉のようです。

・どんぐりを辞めるか続けるかで悩んでいる時に出会った添削サービス。続けることを勧めるのではなく、親子の状態に応じてお休みの提案やどんぐりが全てではないといろんな選択肢を教えてもらいました。1ヶ月ちょっとの休憩が私にとっていい時間でした。これからのことは本人(子ども)と相談して決めていこうと思います。

・正直、1回の添削料金が1,000円って割高と思いました。今はすっかりリピーターです。なぜかは利用することで分かり思すよ。福岡にはどんぐりポケットという教室があるようなので羨ましいなと思ってます。

などなど

多くの意見をいただけて私は嬉しいです。確かに、添削料金が高いかな〜と自分でも思うんですけど、その分毎回しっかりアセスメントして伝えるように心がけてます。

どんぐりポケットに通ってるお子さんと同じように添削を受けてくれてるお子さんは私の大切などんぐりっ子です。これからも多くの作品に出会えることを楽しみにしています。

 

添削を希望させる方はReiまで連絡してください

reirei.donguriclub@icloud.com

f:id:donguripoketto:20200728204320j:imagef:id:donguripoketto:20200728204412j:image

〜どんぐりポケットの夏休みと9月について〜

皆さんこんにちは、どんぐりポケットの8月・9月の日程をお知らせします。

今年の夏休みは地域ごとにばらつきがあります

福岡県内でも2週間弱〜1ヶ月程度になってます

例年であれば夏休みは分からん帳月間となりますが、今年はちょっと変則的です

それぞれの地域(夏休みの長さ)、お子さんの状態に合わせて調整してください

夏休みの長さに合わせた分からん帳に取り組む目安を書いときますね

✳︎今年の夏休みの取り組む目安(小学2年生以上)

・2週間未満…8問程度

・3週間未満…10〜15問程度

・3週間以上…宿題が終わり次第1日1問(週6問)

※未就学児と小学1年生は初めての夏休みになりますので、週3〜4問くらい取り組めたらGOODです。無理して解かなくていいですからね

 

【9月】

9/2(水)         19:00〜単発可

9/4(金)         19:00〜単発可

9/9(水)         19:00〜単発可

9/11(金)       18:00〜単発可、19:00〜単発可

9/16(水)       19:00〜単発可

9/18(金)       19:00〜単発可

9/25(金)       19:00〜単発可

9/30(水)       19:00〜単発可

 

【料金】

年会費3,000円

単発利用2,000円/回

※4月〜7月に年会費をお支払いの方は単発利用料金のみになります

 

単発利用を希望するかたはReiまでお願いします

reirei.donguriclub@icloud.com

〜ずんだ餅〜

仙台でずんだ餅を食べてから今年は枝豆を育てると決めていた

 

4月、枝豆を育てたくて実家の庭に畑を耕しました

わっせほっせ〜

このくらいかな〜

もう少し広くしちゃおうかな。。。

私「お母さん〜畑広げてもいい?」

母「れいの好きなようにしたらいいよ〜」

ふふふふふふふふふふ〜

元肥をいれて

米糠をたくさん買いました(追肥にも使う用)

まだかなまだかな〜

お豆さん(枝豆)を発芽させるのは5月に入ってから

あと少しで5月

まだ我慢じゃ〜

 

5月、お豆さんの発芽開始〜

2時間に1度は状態観察してるんるんしてました

よーし、いよいよ畑に植えるぞーーーーー

ひとつ、ふたつ、みっつ、よっつ、いつつ、むっつ〜

鳥に見つからないように。。。

丁寧に丁寧に、、、

母「10cmくらいサクッと掘ってふわっとかぶせるのよ〜」

私「(サクッと掘ってふわっと、サクッとふわっと)」

 

それからは強い日差しの攻撃をパラソルでバリアしてみたり

夕方はたっぷりの水を撒き水分補給の徹底

実が入ってきたら支柱を立ててサポート

来週には収穫と計画してた先週、、、、、、

大雨、大雨、そして大雨

畑の枝豆さんのことが心配でした

母「枝豆さん、頑張ってます」

その一言が嬉しかった

 

ついに7月11日

"枝豆収穫祭"

ずんだ餅にするんだ〜

仙台で食べたあの日から今日というこの日をずーっと楽しみにしてました

収穫して、茹でて、ひとつひとつ薄皮も剥いて、ミキサーにかけました

母「やっぱりずんだ餅はお餅だよね〜。お餅探しの旅に行ってくるね。」

 

母は私の気が済むまでさせてくれます

おかげでずんだ餅4つ食べました

いや、4つは苦しい。。。

でも満足です

枝豆を育てることができたこともずんだ餅を作れたことも最高の体験です

時間はかかるけど私の記憶にはっきり残る体験になりました

そんなきっかけをくれた"ずんだ餅"ありがとう‼︎

鮮やかな黄緑色だったんだけどカメラで撮ったら上手く伝わらない色になっちゃった、。。

f:id:donguripoketto:20200711233558j:imagef:id:donguripoketto:20200712181312j:image
f:id:donguripoketto:20200711233546j:image
f:id:donguripoketto:20200711233602j:image
f:id:donguripoketto:20200711233550j:image
f:id:donguripoketto:20200711233555j:image